潰瘍性大腸炎 症状 チェック 原因 治療

潰瘍性大腸炎!症状のチェックと治療について

 皆さんは、『潰瘍性大腸炎』という病気をご存知ですか?

 

 病名から推定すると、大腸に潰瘍ができて炎症を起こす病気というように解釈できると思います。
 しかし、実はそう単純な病気ではなく、厚生労働省から特定疾患と指定された難病なのです。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、潰瘍性大腸炎についての様々な症状やその原因、対処方法、予防方法などについて分かりやすくご紹介していきます。

 

【潰瘍性大腸炎って何?】

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症が起き、潰瘍やびらんができる病気です。
 下痢や粘血便、腹痛などの様々な症状を繰り返しながら長く続くようになります。

 

 国内での患者数は、2013年時点で約16万人です。
 年齢別での発症のピークは20〜30代で、年齢と共に減少しています。
 また、男女での発症差はありません。

 

【潰瘍性大腸炎の原因は?】

 実は、潰瘍性大腸炎がなぜ発症するのかということについてはよく分かっていません。
 いわゆる原因不明の難病ということになります。

 

 ただ、発症の仕方については徐々に解明されてきており、現在では免疫異常が考えられています。

 

 免疫の働きに異常が起こり、自分自身の大腸を異物として攻撃してしまうのではないかとされています。
 それによって、大腸の粘膜に炎症が起きてしまうのです。

 

スポンサーリンク
 

 

 また、発症には遺伝的な要因も考えられています。

 

 日本では近年になって増えてきた病気なのですが、欧米では昔からよくある病気です。
 そのため、食生活の欧米化が要因になっているという考え方もあります。

 

【潰瘍性大腸炎の症状は?】

 代表的な症状には、下痢や粘血便、腹痛などがあります。
 これらの症状が良くなったり(寛解期)、悪くなったり(活動期)しながら繰り返し起き、長い間に渡って続くようになるのです。

 

 その症状の程度によって、軽症・中等症・重症・劇症の4段階に分けられています。
 また、症状の現れる部位で、直腸炎型、左側大腸炎型、全大腸炎型に分けられることもあります。

 

【潰瘍性大腸炎の治療は?】

 潰瘍性大腸炎は、その発症原因がまだ不明の難病です。
 そのため、その根本的な治療方法が確立されてなく、予防方法もよく分かっていません。

 

 現状では、その症状を抑えるために薬物による対症療法が行われています。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。